ロゴマーク
日頃の疲れを癒します ~大氣道氣功整体~
森口氣龍が波動神占で占います

〒665-0035 兵庫県宝塚市逆瀬川1-11-1 アピア171号

電話番号 0796-74-6403

施術時間:午前10:30~13:00/午後14:00~19:00
※整体、占術はともに前もってお電話でご予約をお願い致します。(占術の内容は風水・地形・仕事・対人・相性・運勢・家相・方位等です。)
※土・日・祝日は午後18:00までとなっております。
【定休日】水曜日

宝塚市、西宮市の大氣道氣功・気功・整体・カイロなら大氣道整体院

トップページ院長紹介施術内容占術内容時間・地図ズバリ今月の運勢院長コラム

風水の暗示と氣

トップページ»  風水の暗示と氣

研究会概要

ズバリ今月の運勢

院長コラム

上のQRコードを読み込んで頂くと携帯サイトがご覧頂けます。

風水

それは、単純に説明すれば、天地を読み解きそれを動かす術。地球は大きく呼吸しています。その神秘力をよく観て、大地のエネルギーを感じて、その恵みによって生きる方法をいうのです。

その一歩は、山脈の隆起が、地上を龍のようにうねりながら、走る姿をうまくとらえて、その龍の内を流れる生命エネルギーの行路を探るところより始まります。

山龍が背や手や腹をくねらせて彼方から押し寄せてくる状態が、「勢(せい)」であります。

山脈全部が大きな運動エネルギーとして、その頭が眼前明確な形を表わして運動を終息する場所が、平野部と接合するところを「穴(けつ)」が開けるといいます。

この穴は、止まったときの姿を見て、勢・形を見て、それがうまくかなった所を「全気の土地」といいます。この全気の土地を見抜くことから始発するのです。

龍脈の流れを観る

我々の地球上にはあらゆる龍脈が生息しています。まずは、その龍がどこから来て、どこで止まるのか?プラスのエネルギーの龍か?マイナスのエネルギーの龍か?等を探るのが先決となります。

龍脈の流れをうまく観て、エネルギーポイントである穴を探るのです。この龍の吉凶を判断する神秘的な術は風水師の霊眼(れいがん)によって観るのです。

特殊な能力をもった風水師以外には行うことはできないのです。

山の頂上より発する真気(しんき)

気は山の頂上より発します。その気がまっすぐに上に上がる。下が小さく、上が大きく傘が茸のような形をしている。これを「真気(しんき)」とよんでいます。

清澄(せいちょう)な気は人を出世させ、盛んで濁り酒(にごりさけ)の気は人を裕福にし、端正(たんせい)な気は文人を出し、偏斜(へんしゃ)な気は武人を出すという。

古来より子孫の出世の恵みを受ける為に、清澄な気場(きば)に祖先の墓所を営む(いとなむ)方法がとられてきたのです。~日本天皇陵が代表的です。~

「清」「濁」「凶」について

では一般に判断する方法としては、山脈の形によってだいたい判断することができます。

◎それは五行(ごぎょう)の形で、その状態は「清(せい)・濁(だく)・凶(きょう)」の三格で見ていきます。

「清」は美しくすっきりした状態。

「濁」はやや肥厚(ひこう)した鈍重(どんじゅう)な感じ。全体的には整っている。

「凶」は不吉で魔障的な山容である。

五行による主山の形と山龍の属性

五行 山容 山龍の属性
木の山容
木のようにまっすぐと角のない山容。

清なら明晰(めいせき)な知性と優れた発展力。
濁ならややアク強い優れた才能。

凶なら刑罰・殺傷。
火の山容
火のように鋭角的な山容。

清なら衆に抜きに出た気をもたらす。
濁なら性急で波乱の人生。

凶なら酷薄(こくはく)な気質・犯罪・暴力(ぼうりょく)。
土の山容
大地がそのまま隆起したように角張って重厚な山容。

清なら福徳円満の大人の気。
濁なら豊かな財力と子孫の繁栄。

凶なら暗愚(あんぐ)の気ある。
金の山容
鐘や釜のような半円の山容。

清なら廉直(れんちょく)・正直な人格と立身出世と富貴の気ある。
濁なら武威(ぶい)・権勢ある。

凶なら早死に・敗滅(はいめつ)などある。
水の山容
うねる波のような山容。

清なら柔軟さと度量の豊かさ。高貴な知性のある。
濁なら優柔不断・気苦労の気がある。

凶なら色情・貧困・病弱ある。

これまでに風水については、会報において2回くらい説明してまいりましたが、大きなポイントとしての説明を10年ぶりに載せてみようと思いました。

日本における風水(家相)の最も大切なものは大黒柱(だいこくばしら)といわれています。この柱に切継(きりつ)ぎの有るときは、その家の主人は病気か早死する。

大黒柱は(大極柱(たいきょくばしら))にして、易(えき)にとれば大極(たいきょく)であります。陰陽の分かれる場でそこを中心にそれぞれの柱を建て並びます。そこが悪ければ早死をするか病気になるのです。

家の付近の山流の吉凶

家の北に向かって山あるは人より秀でた者を出し、家の南に山あるは、陽気を防(ふさ)いで不運である。たとえ一時的に繁昌(はんじょう)しても、これを永く保つ事はむつかしく必ず種々の口舌(くせつ)・争諭・トラブルを生ずることある。

山の形が我家に向かっているのは、福を授ける。又、山の形が我家に背(せ)むくのは、我(われ)をすてて、福はこないと見ます。

家の方位を定める方法

  • ・家の方位は先ず磁石を家の中央に置いて、北と南を定めます。
  • ・家の中央は方位の中央ですので、それより割り出して、八方を定めのを法則とします。
家の方位を定める方法
ページトップへ戻る